真剣XX代だべり場
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム-1:BMS OF FIGHTERSチーム大胆予想
2002年のB-1 ClimaX "the Revenge"が始まりとなり、
BMSシーンの夏と言えば、バトル型BMSイベントといった認識が強まりました。

今回は一昨年,去年と続けて賑わせている「BMS OF FIGHTERS」で、
筆者が"こんなチーム来たらイイなあ"と妄想を膨らませてみました・´w`・
要は以前BCOでsocer氏がやっておられた事の真似事になります。


◆カットアップチーム◆
DJ DAEK , knot , morigasigeru

-既存曲からのサンプリングやカットアップの手法を用いるチーム。
-BMSだからこそ得られる叩きによる快感。しかしやりすぎは危険な香りも・・・


◆ドラムンベースチーム◆
YAMD , hoverse , Alexandra

-ストイックなドラムンベースチーム。勿論5鍵オンリー。
-ここだけの話 実は某氏このチームやる気満々だったんだとか・´w`・


◆ヒップホップチーム◆
socer , Ultra Magnetic DJ GURI , uchu-jin

-5鍵ヒップホップチーム。
-最強;´w`;


◆ハードテクノチーム◆
dj BEATCONTROLLER , SAMPLING GROOVE BOX , nixx

-フロアユースなハイテンションハードテクノチーム。
-メッチャみてみてえ;´w`; 考えるだけでよだれがじゅるり


◆ハードミニマルチーム◆
off-beat , micron , 908

-ひたすらハードにガツガツと。三人とも音沙汰が無いのが残念です。
-中期BMSシーン(2001~2003くらい?)によく見られた硬派なBMSが好きな人には感涙もの?


◆ハードコアチーム◆
Aozuna , zen , sanan

-エレクト必須。BMSシーンのこの手の3強が集まったハードコアチーム。
-これも実現したら相当ヤバイ。PCの前でごろごろともがき苦しみそうです(変態)


◆テンションチーム◆
orangentle , Pinky ,tarolabo

-テンションの効いたジャズ系チーム。
-こちらは7鍵オンリーで。相当叩きの楽しい三曲が集まりそうですね。


◆メロディアスチーム◆
Yamajet , sasakure.UK , naotyu-

-メロディアスなポップス系チーム。
-ハイクオリティで誰にも愛されるBMSが三つ揃いそう。かなりの優勝候補ですね


◆アートチーム◆
sta , kou , sie

-BMSを一種の"芸術"として捉えてみるとすれば、こんなチームが見てみたいです。
-あまり繋がりの無い面子。・´w`・のためのエレクトチームなのかもしれません


◆フューチャーチーム◆
warabi , Fall , Fumiaki Yasunaga

-次世代型BMSというか。一言で言う一昔前の東京系オシャレポップチームみたいな
-Fumiaki Yasunaga氏はToy Musicalなんかに参加されていた方です。


◆ファンタジーRPGチーム◆
ルナマりア , 大臣 , tetsuo

-色んなタイプのファンタジー系RPG風味。
-大臣氏もToy Musical経由でBMSシーンに楽曲を発表されている方です。



生意気にお名前をつらつらと挙げちゃってて申し訳ないです。
考え出したらほんとにキリがないですね。そして楽しい・´w`・*
BOF2006はやらないのかな。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
BMS-27:Vspominaj Menja (E&R 23 mix) / Yana Kay mixed by elephant&rose
昔気質、だが洗練されたネオ・ビーマニ的な仕上がり。
甘党産氏が去年9月に公開されたBMSです。
(つうかこの間Hr34の感想書いた時にサイトお邪魔してこのBMSを知りました。・´w`・;;)

実に歯切れのイイドラムのハネたリズムが、正に2ステップっぽいといった印象です。
序盤まで叩いた辺りではアングラな感じの歌モノガラージなのかと思いましたが、
音階無視な謎のリフが出てきたりとなかなかカオスな内容となっています。
BMSで叩く分には申し分ない出来です。素晴らしい。

冒頭で述べた通り、
古き良き初代5鍵の香りを漂わせつつも、
本家THE FINALが稼動してからBMSシーンで見られるようになった本家には無かった新・5鍵的な、
どちらの要素も併せ持つ魅力溢れるBMSです。
昔のはちょっと堅苦しいイメージがあって取っ付きにくい、といった方でも
このBMSであれば楽しめるのではないかと思います。

ネオってなんかイイな・´w`・

◆omt◆

BMS-26:AMARANTH / atomic sphere
BMS OF FIGHTERS 2004登録楽曲。

説明不要、BMSシーンのキング的存在ATM氏のBMS.
db以来久々のBMS発表となったこの作品、
BOF2004でもその面白さが大いに評価され、個人アベレージ部門ではトップを掻っ攫いました。

ぶっ飛ばされるかのような勢いのあるベースが悶絶モノ。
歯切れのイイドラムの叩きが最高に心地良いです。
そして後半。
ベースのシャープな展開を軸にどんどんヒートアップしていきます。
誰もが苦戦させられるドラムの超絶ズレ押し叩きが非常に巧い。
"BMS"という芸術作品として完璧の作品です。

atomic sphere名義のBMSは二次配布を禁止されていたようですので
入手はかなり困難ですが、是非一人でも多くのビーマニファンにプレイして頂きたいBMSです。

BMS-25:Hr34 / elephant & rose
bms fan disc収録楽曲。

曲がスタートしてから2分間、
途切れる事無く次々と様々な展開が押し寄せる攻撃的な感じの作品。
最後までテンションを保持してノリ良く叩きまくれる最高に楽しいBMSです。
甘党産氏はやはり凄いなあと再認識、痛感致しました。

書いておきながらなんですが、
言葉は要らないからとりあえず夢中で叩けって感じですよね・´w`・

◆omt◆

BMS-24:fading scheme / nixx
オシャレなアコギが印象的なBMS.
耳障りの良い心地イイリズムが最高にイカします。
尺が1分とスタイリッシュで手堅く纏められた直球5鍵BMSです。
このカッコ良さと言ったらもはや芸術。素晴らしい。

初めてプレイした時には、何気にフィニッシュがイイなあと思いました。
BMSでこういう終わり方ってなかなか聴かない事ないですか?

◆hopeless◆

BMS-23:::LiNeR:: / tetsuo
第五回自称無名BMS作家が物申す!登録楽曲。

軽めのユーロビートテイスト、吹奏楽&RPG風味な勇ましい掛け合いのフレーズ、
とにかく目まぐるしく展開するメロディアスなBMSです。
ピアノの真っ直ぐな旋律とシンセの勇ましいメロディが印象的。
そして中盤からは大げさにも壮大な展開をし、
トランペットとホルンの見事な掛け合いが出てきます。
それを隣でさり気なく盛り上げるかのように流れるピアノの高速フレーズも最高にイイです。

打鍵感の薄さやBGA無しといった所が残念ではありますが、
プレイしていて実に楽しい作品です。

昔も今も、こんなトコ誰も突っつけませんよ・´w`・
そういう意味ではある意味隠れた名作。

◆ぬこ会のページ◆

BMS-22:starshore / warabi
BMS OF FIGHTERS 2005登録楽曲。

淡く柔らかい、優しい音色で奏でられるファンタジックなメロディー。
メインで鳴っているメロディラインの音色がこれでもかという程かわいらしいです。
いっぱいいっぱいに泣いている感じのメロディがなんとも言えません。
目頭が熱くなります。

DL必須。
2005年度のナンバーワン名作BMSと言えましょう;´w`;

◆reflection◆

BMS-21:2109 (remix) / lamia (remixed by zrk)
db append premium mix収録曲。

この曲の最後の仕掛けって慣れない内は結構ドッキリすると思います。
ドッキリっていうか一種の恐怖
フェードインしてくるあの音とか、BGAのあのなんとも言えないフォントとか。
久しぶりにやってマジメに恐いとおもいましたよ・´w`・

BMS-20:nature / Dr.hvs
Be-Music Garden投稿作品。

微・変名義で突然の新作発表、hoverse氏の新作BMSです。
非常にドープな内容で、もはや一般人は寄せ付けないどんよりとした世界になっています。
ヒップホップやアンビエントなど、様々な音楽が混じった独自のスタイルを感じました。

一音一音に厚みがあり、しかし打鍵感の薄い音もありと、
言葉で表す分には非常に曖昧な内容です。
しかしながらこの楽しさは叩いてみないとわかりません。
かなり好みの分かれるBMSですが、未体験の方はDL必須です。
どれだけメジャーな音楽が好きな人でも、何かしら感じるものがあると思います。

これからの作品にも期待しています・´w`・*

◆ho◆

BMS-19:Windtrace / Ursa Minor
第五回自称無名BMS作家が物申す!登録作品。

衝撃のデビュー作品。
自在に操られているノイズがもはや芸術です。
有りそうでなかなか無いエレクトロニカ系統のBMSでは、隠れたお宝でしょう。

図太いキックやスネアを叩く感触も実に気持ち良い。
プレイタイムが2分半ちょっとと長めですが、
じっくり浸ってプレイできるクオリティの高い作品です。

Ursa Minor氏はこの作品以外にも氏のHPで幾つかBMSを公開されていたのですが、
最近の更新でこの作品以外のBMSは公開停止してしまいました・・・。

過去作品の再公開か、新曲の発表、密かに楽しみにしています。

◆Lotus Pond◆

BMS-18:Wonder Bullfighter~A Barcelona cuando florece la lira~ / naotyu- feat. R.Yago
beatmaniaIIDX11 REDより、Wonder BullfighterのアレンジBMS.

原曲のメロディを重視した、熱いラテンテイストな仕上がりです。
バイオリンとギターは生で録音したものという事で、
相当クオリティの高い出来となっています。

本家IIDXで原曲をプレイした事がない人も、
ゲーセンで実際にプレイした事のある人も、
BMSでじっくりとあのメロディを楽しむ事ができます。
そういう意味も含めて、万人に強くオススメしたい作品。

毎度ながら安定した楽しさを味わわせてくれる譜面が面白い。
情熱のバイオリンとギターを弾きこなす快感は最高に気持ち良いです。

◆studio7◆

BMS-17:lovelorn / Fall
b.i.n投稿作品。

BMSシーン初の"シューゲイザー"というジャンルの登場です。
検索で調べてみた所、90年代のインディーズバンド系サイケサウンドのようです。
ピンクを基調としたBGA、それによって創られる曲の世界観、
淡くぼやけた夢のようなイメージがしました。

こうまで纏まった雰囲気を創り上げていると、音にまで色が見えてきます。
パッドとかすごく淡いキレイなピンク色してませんか?

低難度で優しいメロディの叩きが実に好感触。
ふと思い出した時にプレイして、まったりと浸れる作品です。

◆Luft-Schloss◆

BMS-16:スプリモ / DJ DAEK
b.i.n投稿作品。

コミカルながら、エロスを感じさせる独特な音使いが印象的。
ジャンキーな感じのBMSが好きな人にはたまらないタイプのBMSだと思います。
音一つ一つを楽しんで叩ける感覚が大好きです。

なんつーか、音使いがエロイと感じました・´w`・
リードミーのファイル名とかも小さなお子には見せたくないですね

BGAの棒人間がなんか楽しそうにやってるのが素敵です。
lydian氏のDJあるす君を思い出しました。
こういうコミカルなBGAとかもっと見てみたいですね*・´w`・*

◆and then///◆





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。